テンバガーの条件 スクリーニングは上場5年以内時価総額300億以下だ

テンバガー スクリーニング

テンバガースクリーニング
テンバガー条件
テンバガー銘柄の探し方/見つけ方

この記事では、テンバガーのスクリーニングや条件、見つけ方を解説していきます。

この記事を読めば、誰でもすぐにテンバガー候補銘柄を探せるようになります。

テンバガーは確率20%で資産10倍の効率的な投資

(最終更新日:2022/3/22、元記事:2018/10/15)
2020年8月4日付の日経新聞電子版の記事におもしろい記述がありますのでご紹介しましょう。

記事から引用すると

東京証券取引所に上場している銘柄の5つに1つは、2008年のリーマン・ショック以降にテンバガーになったことがある

引用:日経新聞電子版「日本株の5つに1つが10倍高 実はリーマン以降に達成」

テンバガー スクリーニング

銘柄数にして839銘柄!

上場企業数が3800社程度ですから、テンバガーの確率は22%という計算になります。

このデータは日経の調査によるものなので、信ぴょう性は高いと思います。

テンバガーを引き当てる確率は宝くじよりもはるかに高い。

こう考えると、自分でもテンバガー候補を探せそうな気がしてきませんか?

しかし、忘れてならないこともあります。

宝くじと違うのは株式の場合、ギャンブルではなく投資であること。

そのためには、企業分析など、テンバガー株のスクリーニング条件や探し方が重要になります。

10倍株候補のスクリーニングはとても地味な作業です。

ですが、正しく行えばテンバガー候補にめぐり合えるチャンスは広がると思います。

株のスクリーニングとは、銘柄の中から自分が投資したいと思う条件によって絞っていくことを指します。

テンバガー銘柄の探し方(見つけ方)

テンバガー銘柄の探し方、見つけ方を解説しましょう。

要点は2つ。

スクリーニングツール

スクリーニング条件

です。

つまり、

テンバガーを探すのに適したスクリーニングツールを使うこと

テンバガー銘柄を見つけやすいスクリーニング条件を見つけること

となります。

では具体的にどんなテンバガー銘柄のスクリーニング条件とツールがあるのでしょうか?

クロサキ流のものをご紹介していきます。

テンバガー条件、スクリーニングは「上場5年以内、時価総額300億以下」

テンバガーの条件とは株価が10倍になることを意味します。

しかし、10倍株を見つけるには適切なスクリーニング条件と、リストアップされた銘柄の企業分析能力が必要になります。

副管理人アイコン
テンバガーのスクリーニング条件はどんな内容なのでしょうか?
管理人アイコン
カギは「上場5年以内、時価総額300億以下」です。さっそく紹介していきましょう。

それ以外の条件を含めてテンバガー株のスクリーニング条件を下図にまとめました。

テンバガー スクリーニング 条件

<テンバガー、スクリーニング条件>
★増収率20%以上を3期連続以上
★売上高経常利益率10%以上
★オーナー企業 ※創業者が筆頭株主
★上場5年以内
★時価総額300億円未満
★創造力

テンバガーになる銘柄にはグロース株が多いのですが、テンバガーを達成する銘柄の場合、毎期の増収率が平均20%以上はほしいです。

増収率20%=売上高20%です。

利益の源泉は売上にありますので、まずは売上高の大きな成長が期待できる企業に注目したいですね。

上場5年以内というのは、未公開企業だった時にベンチャーキャピタルなどから出資を受けている企業の場合、IPO後のロックアップ期間を終えると利益確定のために株を大量に売ってくる可能性があるためです。

ロックアップ期間というのは、創業者や上場前に出資しているファンドなどが、上場後の一定期間は株を売ってはいけないと任意で定めている期間です。上場後90日間や180日間は株を売ってはいけないなどの任意のルールがあります。

このロックアップ期間を破って株を売ってしまった「モダリス事件」がありますので、気になる方は下記記事をチェックしてみてくださいね。
↓↓↓
【片山銘柄】片山晃氏(五月)の保有銘柄とモダリス事件

過去にテンバガーを達成した「北の達人コーポレーション(以下、北の達人)」を例にしましょう。

北の達人は、化粧品や健康食品などをネット通販している会社。

北の達人のIR資料を見ると、驚きの数字が並びます。

<北の達人コーポレーションのIR資料>
テンバガー 北の達人コーポレーションのIR資料
※出典:北の達人コーポレーション

<クロサキのミニ解説>

・2016年2月期~2020年2月期、4期連続で20%以上の増収率を達成
・売上高経常利益率も、5期連続で10%を大きく超過

この好業績を達成できた要因としては以下の2つが考えられます。

要因1:「利益率が高い」=「商品の競争力が高く価格競争していない」
要因2:消費者の支持を集めるオリジナル商品を販売しリピーター率が高い。(創造力)

さらに、同社の筆頭株主は創業社長

上場5年以内にテンバガー達成しました。

テンバガーの探し方のスクリーニング条件を全部満たす必要はありません。

しかし、満たす条件が多いほど、10倍株になる可能性は高まりそうです。

10倍株のスクリーニングに役立つサイト

“上場5年以内、時価総額300億以下”といったテンバガーのスクリーニング条件を入力して検索できる無料サイトはそれほど多くはありません。

副管理人アイコン
テンバガーのスクリーニング条件と探し方、とてもわかりやすかったです。でも、どのスクリーニングツールを使えば良いのでしょうか?

さくらくんのような疑問の声は、よく聞こえてきます。

と、いうのも…

会員登録することもなく無料でつかえるスクリーニングツールの中で、以下の条件で検索できるものが少ないのです。

★上場5年以内のオーナー企業

★時価総額300億円未満

特に上場5年以内のオーナー企業をスクリーニング可能なツールはほとんどありません。

しかし、工夫次第でスクリーニングをすることは可能です。

ここではバフェットコードという無料スクリーニングツールをつかったテンバガーの見つけ方を紹介します。

<IPO/上場5年以内の時価総額300億以下のオーナー企業の見つけ方>

STEP1
バフェットコードで上場5年以内の時価総額300億以下の企業をスクリーニング

STEP2
リストアップされた銘柄の個別ページに進み、「役員」のクリック

→代表取締役社長の所有株式数をチェック

順序としてはこの2ステップだけです。

STEP1:時価総額300億以下、上場5年以内銘柄をスクリーニング
テンバガー スクリーニング バフェットコード

※出典:バフェットコード

左はしの「条件検索」をクリックしてから
「時価総額」
「上場年数」
の項目を選びましょう。

それぞれ

時価総額30000百万円以下(300億以下)
上場年数5年以下(上場5年以内)

のスクリーニング条件にしてリストアップしましょう。

STEP2:個別銘柄のページから社長の所有株式数をチェック
テンバガー スクリーニング オーナー

※引用元:バフェットコード

基本的にはこれでIPO、上場5年以内の時価総額300億以下のオーナー企業を探せるはずです。

社長の持ち株数がゼロや数万株程度の場合は、テンバガーのスクリーニング銘柄から除外していきます。

なぜならオーナーではない可能性が高いからです。

副管理人アイコン
上場5年以内のオーナー企業はテンバガーのスクリーニング条件のなかでも大事な項目なので、これで安心ですね。
管理人アイコン
はい、バフェットコードであれば上場10年以内のオーナー企業などもわりとかんたんに探せます。

テンバガーのスクリーニング条件で発掘した10倍株候補

今回ご紹介したスクリーニング条件をもとにスクリーニングしたところ、12件ヒットしました。※22/3/22

3984ユーザーローカル
4497ロコガイド
4493サイバーセキュリティクラウド
4488 AI inside
3496 アズーム
4482 ウィルズ
7068 フィードフォースG
4446 Link-U
4395 アクリート
4429 リックソフト
4476 AI CROSS
7689 コパ・コーポレーション

ただし、これはまだオーナーが大株主かは見ていない状況です。

このヒットした12件を個別に見ていったところ、8銘柄で創業者が数十%の株を保有するオーナー企業でした。

テンバガー スクリーニング 結果

※出典:バフェットコード

今回の場合は、その8銘柄の中からテンバガー候補となる銘柄を選んでいくということになりますね。

テンバガー株の探し方関連情報

テンバガー株の探し方やスクリーニングに関連した当サイトの記事をご紹介します。

2022年テンバガー候補、これから上がる株銘柄5選

割安株・バリュー株のスクリーニング条件と探し方

ボロ株の探し方でおすすめの見つけ方【2022年版】

メタバース銘柄 本命の日本株を44銘柄から厳選公開

米国株のテンバガー候補【2022年】有望成長銘柄8選

13件のコメントがあります

この記事にコメントする

このブログも読むと良いかも!

よく読まれているブログ

「テンバガー」の人気記事トップ3

免責事項
掲載している情報や口コミについては、万全を期しておりますが、その内容の安全性や正確性などを保証するものではありません。
ならびに、当サイト介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。
万一、外部ウェブサイトの利用につき問題が生じた場合、
その責任はリンク先の外部ウェブサイトが負っていますので、外部ウェブサイトと利用者ご自身の責任で対処してください。