スガノミクス銘柄、地方銀行の株価急上昇!次に期待の国策銘柄3選

    スガノミクス銘柄

    スガノミクス銘柄で株価上昇期待の国策銘柄3選を紹介

    スガノミクス銘柄の地方銀行株の株価が軒並み急上昇!

    次期政権をにらんだ相場の思惑買いはすでに始まっています。

    9月14日、自民党総裁選が行われます。

    菅義偉官房長官、石破茂氏、岸田文雄氏が総裁選に立候補していますが、下馬評では菅義偉官房長官が大本命とされています。

    菅義偉官房長官はアベノミクスを継承する姿勢を見せており、首相になった場合、経済政策はスガノミクスと呼ばれそうですね。

    では、スガノミクスが本格始動した場合、どんな銘柄が恩恵を受けて株価上昇期待が持てるのでしょう?

    冒頭にも書いた通り、スガノミクス銘柄はすでに動き出しています。

    ここ数日、地方銀行株が株価を急上昇させていますが、スガノミクス銘柄の初期代表セクターといえるでしょう。

    スガノミクス銘柄にはどんな銘柄があるのか?

    菅義偉氏のこれまでの発言や政策を知ることが手掛かりになります。

    スガノミクスに関連する銘柄は地方銀行だけではありません。

    福島銀行などの地方銀行株がなぜ株価を急上昇させたのかを解説。

    今後株価上昇が期待できそうなスガノミクス銘柄(国策銘柄)3選を紹介していきます!

    スガノミクス銘柄、福島銀行など地方銀行株が株価急上昇した理由

    スガノミクス…まだ始まっていません。

    しかし、株価は先を織り込んで上昇していくもの。
    スガノミクス銘柄は始まっています。

    菅義偉新首相の誕生を予想し、スガノミクス銘柄と位置付けられる銘柄に思惑買いが入り急上昇。

    特に目立ったのが地方銀行株です。

    地方銀行株が一斉に株価を上昇させた理由は、菅義偉官房長官が9月2日夕方に開いた総裁選出馬の記者会見。

    この記者会見で菅官房長官は、

    「地銀は将来的に数が多過ぎる、必要なら金融政策進める」
    ※引用:ブルームバーグ

    とコメントしました。

    翌日の東京市場では、地方銀行株が軒並み急騰。
    値上がりランキングの上位を占めました。

    スガノミクス銘柄、おそるべし…!

    値上がり率1位になった福島銀行(8562)の株価チャートをごらんください。

    福島銀行株価チャート

    ※出典:ヤフーファイナンス

    菅義偉官房長官の記者会見翌日、9月3日から福島銀行の株価は急上昇。
    翌4日はストップ高となり、ストップ高翌営業日もまだ株価は上昇しました。

    ほかにも、静岡銀行、沖縄銀行、四国銀行など、多くの地銀株が3日には株価を上昇させたのは、それだけ地銀の経営体力が弱っていることの表れ。

    銀行業はAIに仕事を奪われる代表的な職業であり、人口と国力が衰退していく日本では、今後の事業が厳しいのは明らか。

    なんとか生き残りをかけているのが現状です。

    そこへ来てのスガノミクス銘柄扱いです。

    相場の格言「国策に売りなし」をほうふつとさせるような株価の上昇でした。

    地方銀行が多過ぎるということなので、今後淘汰されていくことでしょう。

    先日も、青森銀行(8342)とみちのく銀行(8350)が経営統合を協議しているとのニュースがありました。

    この地方銀行の淘汰の流れは今後間違いなく加速していくでしょう。

    SBIホールディングス(8473)が第4のメガバンク構想を掲げ、地方銀行との提携を進めていることからも明らかです。

    スガノミクスの重要政策の1つに地方銀行再編が加わる可能性は十分考えられます。

    地方銀行株はスガノミクス銘柄といえそうですね。

    スガノミクス銘柄、今後期待が持てそうな国策銘柄3選

    スガノミクス銘柄の先陣を切ったのは地方銀行銘柄でした。

    では、他にスガノミクス株として期待できそうな業種はあるのか?

    菅義偉官房長官がこれまで推進してきた政策を箇条書きにしてみました。

    スガノミクス銘柄として期待できそうなテーマ
    ・大手携帯キャリアの料金値下げ
    ・地方創生・インバウンド
    IR法案(カジノ法案)
    ・ふるさと納税
    ・GoToキャンペーン
    ・ワーケーション
    ・ペーパーレス/判子レス
    主だったところだとこんな感じでしょうか。

    では、筆者が上昇期待をするスガノミクス銘柄3選を紹介していきましょう。

    スガノミクス銘柄の期待株3選
    ・アプリックス(3727)
    ・日本通信(9424)
    ・ギフティ(4449)

    一銘柄ずつ紹介。

    【アプリックス(3727)】
    スガノミクス銘柄の中ではワーケーションに分類。

    <スガノミクスでこの銘柄が期待される理由>
    ・子会社のスマートモバイルコミュニケーションズ(スマモバ)が提供するモバイルWiFiが絶好調。
    ・万年赤字企業だったが、スマモバの業績好調のおかげで黒字転換
    ・在宅ワーク需要は今後も増加が予想され、モバイルWiFi需要が今後も旺盛
    ・株価は中期上昇トレンド継続中(20年9月8日現在)

    【日本通信(9424)】
    スガノミクス銘柄の中では大手携帯キャリアの料金値下げの項目に分類。

    <スガノミクスでこの銘柄が期待される理由>
    ・これまでドコモの回線を高い料金で借りて利用していたが、総務大臣裁定により安く利用することが可能になった。
    ⇒顧客への割安プランの提供が可能になった。

    ・「番号持ち運び制度(MNP)」の手数料について、総務省がオンラインで手続きの場合は現在の3千円から無料にする方針を打ち出した。

    上記2つの理由により、格安スマホを提供する日本通信には追い風となるため、スガノミクス銘柄の期待株に認定。

    楽天がモバイル事業でもたついているのも追い風。

    【ギフティ(4449)】
    スガノミクス銘柄の中ではペーパーレスの項目に分類。

    <スガノミクスでこの銘柄が期待される理由>
    ・コロナ禍で現金払いを嫌う消費者が増え、ギフティが提供する電子チケット、eギフト券の需要が伸びている。
    ・ドトールなど、全国展開するコーヒーショップなどでも導入が進み、利用できる店が増加中
    ・ワーケーションなどで、飲食物をテイクアウトして自宅などで働く人が増加
    ・東証1部上場期待(大和証券が9月4日付レポートで公表)

    以上。

    スガノミクス銘柄の期待株3銘柄を紹介しました。

    なお、株価上昇を約束するものでも推奨するものでもないのであしからず。
    ※投資は自己責任でお願いします。

    ほかにも、地方銀行の淘汰をにらんで、M&Aの仲介会社などにも私は注目しています。

    菅官房長官が首相になった場合、スガノミクス関連の銘柄には期待していところですね。


    株式ランキング