浮動株の少ない出遅れ株がねらい目である3つ理由とは

    浮動株

    浮動株が少ない出遅れ株にテンバガーへのチャンスがある3つの理由

    浮動株が少ない出遅れ銘柄にテンバガーへのチャンスが眠っている…

    先日このように友人に話したところ「はぁ?」という塩対応をされてしまいました(笑)

    株を始めて1年ほどの友人はそれほど株に詳しいわけではなく、ピンとこなかったようです。

    しかし、浮動株が少ない出遅れ銘柄にテンバガーへのチャンスがあるかを教えたら「なるほど!」と腑に落ちたようでした(安堵)

    最初はピンとこなかった友人がなぜ納得してくれたのか?

    浮動株が少ない出遅れ銘柄には、なぜテンバガーへのチャンスがあるのか?
    その大きな3つの理由をお話していきます!

    浮動株が少ない銘柄とは

    浮動株の少ない銘柄にチャンスがあるとお伝えしました。

    ここでちょっとおさらいです。
    そもそも浮動株が少ないとはどんな状況なのでしょうか?

    簡単に解説していきます。

    会社四季報によりますと、株主構成は主に4つに分類されます。
    外国・投信・浮動株・特定株の4つです。

    用語解説すると
    外国=外国人投資家(海外機関投資家)
    投信=投資信託
    浮動株=市場に流通している株
    特定株=大株主上位10位まで・役員の持ち株・自社株の合計
    となります。

    トイレタリーで首位の花王(4452)を例に挙げてみます。

    花王の株主構成は会社四季報2020年夏号から引用すると、以下のとおり。

    発行済み株式数4億8200万株
    外国44.4%
    投信13.7%
    浮動株6.0%
    特定株31.6%

    花王の場合、浮動株は発行済み株式数の6%で少ないのがわかります。

    これは発行済み株式数の6%しか市場に流通していないと考えて差し支えないと思います。

    浮動株が少ない銘柄というのは、自由に株式市場で買える株が少ない株を意味しています。

    ただし、注意点もあります。

    いくら浮動株が少ない銘柄と言っても、それは割合の話だということです。

    分母、つまり発行済み株式数そのものが大きければ、浮動株の割合が少なくても実数は多いのです。

    花王の場合、発行済み株式数は非常に多いです。

    浮動株が6%しかないと言っても、発行済み株式数4億8200万株の6%です。

    4億8200万株×6%=2892万株

    となり、花王のような大型株の場合は浮動株が少ないといってもテンバガーへのチャンスは限られてしまいます。

    浮動株が少ない出遅れ銘柄にテンバガーのチャンスがある3つの理由

    浮動株が少ない銘柄にはテンバガーのチャンスがあるとお伝えしてきました。
    花王のような大型株の場合はむずかしいこともご紹介しました。

    裏を返せば、発行済み株式数が少なく、浮動株が少ない中小型株にテンバガーへのチャンスがあります。
    株価上昇
    なぜ浮動株が少ない出遅れ銘柄にはテンバガーへのチャンスがあるのでしょう。
    私が考える3つの理由をお伝えしていきます。

    <浮動株が少ない出遅れ銘柄にチャンスがある理由>
    理由1:好業績の出遅れ株なので、株価が見直されて上昇していく可能性が高い
    理由2:発行済み株・浮動株ともに少ないので、人気が出だすと小さなパイの争奪戦になる
    理由3:時価総額が低い銘柄の場合、株価の上昇余地が大きい

    誤解のないように言いますが、浮動株が少ない銘柄のすべてにチャンスがあるとは思いません。

    業績好調の出遅れ株で発行済み株数と浮動株が少なく、今後の成長性が非常に高い銘柄といったところでしょうか。

    さらに条件を加えるとすれば、上場3年未満で時価総額100億円以下というところです。

    もしこのような浮動株の少ない銘柄があれば、私だったら投資を検討します。

    常にこのようなチャンス銘柄が転がっているわけではないので、定期的にスクリーニングをしてみると良いかもしれません。


    株式ランキング