ガスETFは1円上昇で2倍儲かるが、買えない、売れないのリスク…

    天然ガスETF

    ガスETF(1689)が1円上昇で100%儲かるのに買えない、売れない理由を解説

    (最終更新日2020/10/30:元記事2020/1/24)

    ガスETFには、1円上がるだけで2倍も儲かる魅力があるのをあなたはご存ですか?

    ガスETFはヤフーファイナンスを見ると、毎日のように値上がり率or値下がり率の1位もしくは上位に表示されています。

    1円上がるだけで株価が2倍になるのなら買いたい!

    そんな誘惑にかられることもあるでしょう。

    正直にいうと、株投資歴15年以上になる管理人はあります(笑)

    何しろ毎日のように値上がり率1位にランクインされるので、ヤフーファイナンスを見るたびに目に入ってきてしまう。

    気になってしまうのが人情ではありませんか(笑)

    だからきっと、ガスETFが気になっている投資家が多いだろうと思い、取り上げてみることにしました。

    なぜ安い?ガスETF、WisdomTree天然ガス上場投信(天然ガスETF)の正体

    このガスETF、正式名称は「WisdomTree天然ガス上場投信(1689)」といいます。

    東証に上場している天然ガスETFです。
    ガスETF
    ※出典:ヤフーファイナンス

    上図を見てもわかるとおり、1円と2円の間を株価は行き来しています。

    1円で買って2円で売れば100%の利益獲得。

    簡単に儲かる金融商品ですね………理屈のうえでは。

    こんな書き方をすると何か裏があると感じたあなた…正解です!

    理論上はガスETFを1円で買い、2円で売る。

    これを延々と繰り返せば億万長者にまっしぐらです。

    しかし、この戦略には「買えない」「売れない」というリスクがつきまといます。

    ただ、それを語る前に、そもそもガスETFとは何なのか?なぜ安いのかをあなたにお話しましょう。

    このガスETFの正体は、米国のWisdomTreeという運用会社が発行する天然ガスETFになります。

    WisdomTreeは複数の国に同じETFを上場させており、ガスETFのメイン市場はロンドン市場と目されています。

    ガスETFはなぜ安いのか?

    その答えは、メインであるロンドン市場での価格も安いからです。

    ガスETFロンドン市場
    ※出典:FINANCIAL TIMES

    20/9/11現在、価格は0.0166米ドルとなっており、日本円に換算すると1.76円となります。(1米ドル=106円換算)

    東京市場の価格とほぼ同じ水準です。

    これがガスETFの価格がなぜ安いのか?への答えです。

    ガスETFに潜む理屈では儲かるが、買えない、売れないリスク

    ガスETFを1円で買えば、たった1円上昇するだけで100%の大儲け。

    理屈の上ではそうですが、やはり世の中そう甘くありません(笑)

    筆者が同ガスETFに投資しようと考えた時、ぶつかった問題をお話しましょう!

    それはズバリ「買いたくても買えない」「売りたくても売れない」問題です。

    なぜそうなるのか?

    それは買い・売りともに注文数が異常に多いからです。

    下図のガスETFの板情報をごらんください。

    ガスETF板情報

    ※引用元:SBI証券

    ガスETFの板を見ると、

    1円に2.4億株の指値買い注文
    2円に0.7億株の指値売り注文

    があります。

    それに対して出来高は290万です。

    1円で買いたいと思っている投資家がいかに多いことか…

    投資家の心理をよく映しだした板情報といえるでしょう。

    それに対して、売りたい投資家は最低でも2円以上で売りたいので、なかなか1円での売り注文を出してくれません。

    その結果、異常に多い注文数のわりには出来高が異常に少ない現象が起きてしまいます。

    1円でガスETFを買って儲かるためには、2.4億株の買い注文に並ばなくてはなりません。

    証券取引所の売買ルールの1つに、約定は先着順というのがありますが、注文数が多すぎて自分の順番がなかなかやってこない(笑)

    長蛇の行列に根気よく並んで、奇跡的に1円で買えたとしても、みんな1円で買いたいので2円でなかなか売れない(笑)

    買いたい株価で買えない、売りたい株価で売れない。

    約定したくてもできないことは、投資家にとってはリスク以外の何物でもありません。

    しかし、1円で買って2円で売れれば100%のリターンがあるのも事実。

    ガスETFに並ぶ人は、リスクを承知で儲かることに賭ける人たちなのです。

    何しろ1円上がるだけで利益の期待値が100%。

    リスクを取ってでも、儲かる方に賭けたくなる気持ちはわからなくありません。

    ただ、もし2円で買ってしまって1円で売らざるを得ない状況になってしまった場合、たった1円の差で-50%の損失になりますので注意が必要です。

    こういう時に、売りたい価格で売れないというジレンマに陥り、大変なストレスになります。

    WisdomTreeのガスETFはハイリスク・ハイリターン

    ガスETFへの投資は、大きく儲かる可能性もあるため、リスクテイカー(大きなリスクを取って投資する人)にとっては魅力的な投資先といえるかもしれません。

    しかし、一般的な投資家にとっては、この天然ガスETFを買うことは投資ではなく投機になることでしょう。

    あくまで管理人の私見ではありますが、ガスETF(WisdomTree天然ガス上場投信)には投資初心者は手を出さない方が無難だと思います。

    特に、退職金を運用したり、老後の資産を構築するためにリスクをなるべく減らして安全な運用をしたい人にはおススメできません。

    せっかくの投資資金を減らしたくはないでしょうから。

    注文を出しても、なかなか約定しないのは結構イライラするものです(笑)

    それに耐え、リスクを承知の上でハイリターンを狙いにいく人には良いかもしれません。

    ただ、ガスETFに参加している投資家は機関投資家が多いらしいので、個人が機関投資家に勝てるかというとかなり難しいと思います。

    とはいえ、短期ではなく数年間保有するつもりでガスETFを買うのなら、数年後に10円くらいに上がる可能性はゼロではありません。

    1円で投資して10円になれば10倍。

    夢のテンバガーです(笑)

    オイシイといえばオイシイ銘柄ではあります。

    ですが、筆者は決して推奨はしません。

    ただ、ガスETFは気になる銘柄ではあるので、今後もフォローはしていきたいと思います。

    2019年にテンバガーになった個別株には8円だった株もありますので、天然ガスの価格が上昇するなど、何かのきっかけで人気に火が付けば大きな利益も上げられることでしょう。

    1円の銘柄に投資するというのは、ある意味究極の逆張り。

    しかし、しっかりとした分析をしないとヤケドします。

    もし逆張りに興味があるのなら、ロボアドバイザーが提供してくれる情報を参考にするのも手です。

    循環物色アナライザーであれば、逆張り、バリュー株など…あなたが望むテーマにあった銘柄の情報が得られることでしょう。

    気になるようでしたら、チェックしてみてはいかがでしょう。

    ※投資はくれぐれも自己責任と自己判断でお願いします。


    株式ランキング