ETF天然ガス上場投信は1円上昇で50%利益だが、初心者は要注意

天然ガスETF

WisdomTree天然ガス上場投信(ETF)は、利益率50%を狙えるが注意点あり

ヤフーファイナンスの株価上昇率・下落率のトップに毎日のように顔を出している銘柄をご存じでしょうか?

「WisdomTree天然ガス上場投信」(1689)

です。

株ではなくETFですが、毎日株価情報を見ていると気になります。
ほぼ毎日、株価上昇率50%か下落率33%になっているのです。

これは何を意味するのかというと、取引価格が2円と3円の間を延々と往復していることを意味します。

2円⇒3円(上昇率50%)
3円⇒2円(下落率33%)

天然ガスETFチャート

※引用元:ヤフーファイナンス

見事なバーコード…ではなく、チャートです(笑)

たった1円上がるだけで50%も儲けられるなら、投資してみるかという気持ちが湧いてくるかもしれません。

私はなりました(笑)

しかし、実際に投資をしてみようとするといくつかの気をつけねばならないことが浮かび上がってきました。

特に投資初心者の方は気を付けた方が良いこともあります。

その点について、詳しくお話していきます!

WisdomTree天然ガス上場投信(ETF)、注意すべき2つの点とは

WisdomTree天然ガス上場投信を2円で買えば、たった1円上昇するだけで50%の大儲け。

理屈の上ではそうですが、やはり世の中そう甘くはないようです。

筆者が同天然ガスETFに投資しようと考えた時、ぶつかった問題があります。

その時感じたことについて、お伝えしていきましょう。

WisdomTree天然ガス上場投信への投資における注意点。

それはズバリ「買いたくても買えない」「売りたくても売れない」ことです。

なぜそうなるのか?

それは「成り売り」「成り買い」「2円と3円の指値」の注文数がめちゃくちゃ多いからです。

天然ガスETF板

※引用元:SBI証券

上図を見ると、2円と3円の指値注文数がそれぞれ1億3千万枚。
※昼休憩中に撮ったため、成行注文数は表示されていません。

証券取引所の売買ルールの1つに、「注文は指値よりも成り行き注文が優先される」があります。

ですので、指値2円で買い注文を入れても、事実上まず約定しません。

なぜなら、次から次へと成り買い注文が入るからです。

さらにもう一つの売買ルールの先着順がくせ者でして、注文数が多すぎて、成り買い注文を出しても、自分が出した注文の約定の順番がなかなかやってこない(笑)

買いたい株価で買えない、売りたい株価で売れない。
約定したくてもできないというのは、投資家にとってはリスク以外の何物でもありません。

しかし、2円で買えて3円で売り抜けられれば50%のリターンがあるのも事実。

リスクを承知でチャレンジしてみるトレーダーが意外に多いのかなと思います。

WisdomTree天然ガス上場投信(ETF)、ハイリスク・ハイリターン

あくまで筆者の個人的な感想を述べます。
WisdomTree天然ガス上場投信(天然ガスETF)への投資は、投資初心者は手を出さない方が無難でしょう。

特に、退職金を運用したり、老後の資産を構築するためにリスクをなるべく減らして安全な運用をしたい人にはおススメできません。

せっかくの投資資金を減らしたくはないでしょうから。

注文を出しても、なかなか約定しないのは結構イライラするものです(笑)

それに耐え、リスクを承知の上でハイリターンを狙いにいく人には良いかもしれません。
ただ、この銘柄に参加している投資家は機関投資家が多いらしいので、個人が機関投資家に勝てるかというとかなり難しいと思います。

ただ、短期ではなく数年間保有するつもりで買うなら、数年後に10円くらいに上がる可能性はゼロではありません。

2円で投資して10円になれば5倍。

オイシイといえばオイシイ銘柄ではあります。

筆者は決して推奨はしません。

ただ、気になる銘柄ではあるので、今後もフォローはしていきたいと思います。
2019年にテンバガーになった個別株には8円だった株もありますので、何かのきっかけで人気に火が付けば大きな利益も上げられることでしょう。

投資はくれぐれも自己責任と自己判断でお願いします。