ブシロード上場に投資した人、IPO株で利益2倍以上をゲット!

ブシロードロゴ

ブシロード上場、IPO初値は公開価格を16.6%上回る2204円

(追記:2019/7/30)

先日紹介しましたブシロード上場(IPO)。

資金があるならIPOに申し込んだ方がベターと書きましたが、まさにその通りになりました。

7/29に上場したブシロードの公開価格は1890円

それに対して、

ブシロードのIPO初値は2204円となりました。
公開価格を16.6%上回る結果です!

さらにブシロードの株価は、上場2日目の本日になっても勢いが止まっていません。
上場来高値を更新しています。

ブシロード初値

※引用:ヤフーファイナンス


昨日よりも7%近く株価が上昇していますね。
公開価格よりも400円近く上昇しています!

今年は改めてIPO銘柄が強い一年だなという印象が強くなった出来事でした。

IPO時は基本的に企業への期待で株価が上昇します。
今後は業績によって、企業価値が投資家から評価されるようになるでしょう。

ブシロードの業績や商品開発力には、今後も注視していきたいと思います。

(追記:了)
(追記:2019/11/26)
7月に新規上場(IPO)したブシロードの再追記です。

なんと、上場初日の初値からついに株価が2倍を超えました。
IPOというと、初日に高値を付けてから株価の下落が続くパターンがわりと多いのですが、同社は違ったようです。

ブシロードのチャートをご紹介します。

ブシロードチャート

※引用元:ヤフーファイナンス


途中なんどか押し目を作りながら、中期で右肩上がりの上昇トレンドを形成しているのがわかります。

ちなみに上場来安値が上場初日(7/29)の2014円
上場来高値が11/21の4280円となっています。

4か月で株価は2倍以上になっています。

そして、上記チャートを見ると、現在の株価のところが再び押し目のような形になっているのが見て取れます。

もしかしたら、これから年末に向けて株価上昇していくのではないかと個人的には思います。

なぜなら、ブシロードはクリスマス商戦の恩恵を強く受ける会社だからです。
扱っている商品がゲームやおもちゃなので、これからが書き入れ時の同社。

投資家の期待が高まって株価の一段高もあり得ます。

ですので、今後も注意深く同社の動向を見守っていきたいと思います。
また何かありましたらお伝えしていきます!
(再追記:了)

ブシロード上場、IPOは7/29予定。IPOに申し込んだ方が良い?初値予想は?

(元記事:2019/6/26)
トレーディングカードゲームで有名な「ブシロード」が、マザーズ市場に新規上場(IPO)します!

上場予定日は7/29。

上場後の時価総額は、約290億円程度になる見込みのようです。

ブシロードというと、個人的にはタレントのダイゴさんをCMに起用し、この数年で知名度がかなり上昇したというイメージを持っています。

実際にはトレカだけでなく、アニメや音楽、声優のマネジメントやプロレスまで、様々なビジネスを手掛けている会社です。

アニメ好きな方はご存知かもしれませんが、ブシロードの現在の主要IPは

『カードファイト!! ヴァンガード』
『BanG Dream!(バンドリ!)』
『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』

となっています。
ヴァンガード
どのコンテンツも幅広くメディアミックス展開されていて、同社の収益源になっています。

おもちゃなどを扱う上場企業というと、
「任天堂」(7974)
「ハピネット」(7552)
「タカラトミー」(7867)
「バンダイナムコHD」(7832)
などがあります。

はたして、ブシロードはこれらの企業に肩を並べるくらいの成長をしていけるのでしょうか。

IPO時の株価への期待と予想をしてみたいと思います!

ブシロードの公開価格はいくら?

さて、IPOといえば気になるのが公開価格

ブシロードの公開価格はいくらくらいに設定されるのでしょうか。
調べてみました。

ところが、IPOの仮条件などの情報は6/26現在、未公表(7/10公表)

正式な情報として公開されているのは、売り出し株数が168万3,000株になるということくらい。

公募価格の決定は7/19になる予定とのこと。

色々とネット情報などを調べると、ブシロードの公開価格として予想される金額は1,840円前後が多いようです。

仮に公開価格が1,840円だとすると、上場初日の初値はいくらくらいになるのでしょうか?

上がるのか、下がるのか…

IPO株で勝てるのか、投資家としてはとても気になるところですね。

IPO株投資の場合、抽選に当選した投資家は、ほとんどが初日の株価が上がった時点で利確売りすることになるので、初日にはぜひ株価が公募価格を上回ってほしいところです。

株価が上昇するかどうかは、その銘柄への期待感の高さによるところが大きいといえます。

当サイトの「2019年初IPO「識学」株価が連騰!今年は新規上場の当たり年?」でも書いたように、今年はIPO銘柄の調子が良い年となっています。

ブシロードのようなアニメ関連会社の場合、根強い固定のファンがいて、その人たちが売上や株価を支えてくれることも期待できるのかなと思います。

「バンドリ!」などのコンテンツもまだ勢いがありますので、今後の成長も現在のところは見込めそうですね。

ブシロードのIPO(新規上場)には、申し込んだ方が良いのか?

ブシロードには、様々な有力コンテンツがあり、メディアミックスも進んでいます。
知名度も上場を機に、さらに増していくことでしょう。

そんなブシロードのIPOへの申し込みに関してですが…

結論としては、資金があるなら参加した方がベターだと思います。

その理由はいくつかあります。

・今年はIPO銘柄が好調なこと
・ブシロードへの期待値の高さ
・低資金で参加できる

その中でぱっと思いついたのが上記の3つの理由。

特に3つ目の低資金というのは大きいかなと思います。

仮に公開価格が予想どおりの1,840円だったとして、その金額で買えた場合、上場初日で数万円以上の利益を得られる可能性を秘めています。

それには理由があります。

通常の取引ですと、株には前日の終値の値によって下記のような値幅制限があります。
値幅制限
前日の終値が1,840円だったとしたら、翌営業日は最大2,240円までしか株価は上がりません。(+400円)

この場合、4万円の利益しか得られません。

ですが、新規上場の場合は違うのです。

新規上場(IPO)株の場合は、公開価格の4倍まで株価の上昇が認められています。

1,840円の4倍は7,360円。

つまり、最大7360円まで上昇の可能性があるということです。

実際に上場初日で4倍になることはまずないと思いますが、上昇幅が大きいことは確かです。

ですので、株価上昇に期待の持てる銘柄の場合は、IPOに参加した方がベターかなというのが私の個人的な考えです。

ブシロード株の株価が上昇するのか、実際のところは当日になってみないと何とも言えませんが、期待値は高くなりそうですね。

今後も同銘柄の情報はフォローしていきたいと思います!