年末に注目したいテーマ株~年末商戦銘柄と干支銘柄~

    年末のテーマ株

    もうすぐ年末。

    まだ2ヶ月以上あるとおもってボーっとしていると、あっという間にクリスマスやお正月がやってきます。

    クリスマスやお正月のご予定はもうお決まりですか?

    予定のある人もない人も、年末は商売の大チャンス!

    そこで、年末にちなんだテーマ株に注目してはいかかでしょう?

    年末商戦に関連する銘柄はもちろん、干支銘柄のよばれる干支にちなんだ社名や商品をもつ会社の株価が上がったり…

    今回は年末に注目したい銘柄をまとめてみました!

    注目の年末商戦銘柄

    まずは、年末商戦銘柄からご紹介。

    年末商戦は小売業にとってはビッグイベント。

    今回はそのなかでも特に注目のオススメ銘柄をピックアップ。

    酒造メーカー(サッポロ、アサヒ、キリン)

    年末は忘年会やクリスマスパーティーがあちこちで開かれるので、お酒の販売量が増えます。

    『Gift Mall 【お歳暮】人気のギフトランキング 2018! 通販決定版』では、お酒が堂々の1位にランクインしており、忘年会やクリスマスパーティーとあいまって、これから期待がもてるでしょう。

    ほかにお歳暮として確固たる地位を築いているハムやソーセージが、お酒のつまみとして相性バツグンなことからも、酒造メーカーには注目が必要です。

    株価の傾向は、12月下旬から1月にかけて高値をつけることが多いように見うけられますが、企業によってバラツキがあり乱高下することが多いので、購入する場合は注意が必要です。

    お歳暮関連企業(日本ハム、伊藤ハム、丸大食品)

    お歳暮の定番といえば、ハムやソーセージ。

    先ほどの『Gift Mall 【お歳暮】人気のギフトランキング 2018! 通販決定版』では2位にランクインしており、根強い人気を誇ります。

    「シニアコム.JP」による「お歳暮に関するアンケート」では、堂々の1位に輝いており、回答者の27.1%が贈りものに「ハム・ソーセージ」を選んでいます。

    お歳暮を贈る習慣があるのは主にシニアである場合が多いと思われるので、年末商戦銘柄としてお歳暮関連の加工食品メーカーは外せません。

    株価は9月から11月にかけて上昇する傾向があります。

    これはお歳暮を手配するのが主に11月であるため、その動きを先取りしたものであると思われます。

    若者にターゲットをしぼった「パルコ」

    ルコの特徴は若者にターゲットをしぼっているところでしょう。

    百貨店であつかう商品は価格が高いので、敷居が高い印象をうけてしまいます

    お金をたくさん持っているのは年配の方たちですが、年末にクリスマスパーティーやプレゼントで買い物をするのは若者が中心のはず。

    お金持ちのお年寄りが孫へプレゼントを買うのも、百貨店ではなく若者や子どもにターゲットをしぼったパルコなどの方が多いと思われるので、イチオシです。

    一昨年の株価は11月中旬から上がり始め、12月中旬にピークをむかえています。

    1月以降は下降に転じているので、株価のこまめな確認が必要とおもわれます。

    干支にちなんだ社名や商品をあつかあっているだけで株価が上がってしまうのも、投資のおもしろいところ。

    2019年は亥年。

    なにかイノシシにちなんだ社名や商品をあつかっている企業を探したのですが…

    イノシシにちなんだ社名や商品が見当たらない!

    ネットでくまなくイノシシにちなんだ社名や商品がないか探してみたのですが、とにかく見つかりません!

    「2019年 干支銘柄」などと検索しても今年の戌年に関する話題(ブルドックソースとか)ばかりで、来年の干支銘柄にふれた記事は見あたりませんでした。

    そもそも動物にちなんだ会社名を探すのも、けっこう大変です。

    私が思いつく限りでは、タイガー(魔法瓶・炊飯器)、象印(魔法瓶・炊飯器)、ピジョン(ヘルスケア・介護用品)、クロネコヤマト(運輸)、ジャガー(自動車)くらい。

    商品では「コアラのマーチ」(ロッテ)、「チキンラーメン」(日清)でしょうか。

    ただでさえ動物と関係する社名や商品を探すのはむずかしく、それをさらに「イノシシ」にしぼるのは、難易度が高すぎるように感じます。

    でも悔しいので何かイノシシ関連したものがないか探していると、「猪豚」を特産品にしている地域がいくつかみつかりました。

    苦しまぎれではありますが、筆者が群馬県出身ということもあり、JA上野村の特産品「猪豚」を紹介します。

    群馬県 JA上野村の特産品「猪豚」

    群馬県 JA上野村の特産品「猪豚」
    猪豚(いのぶた)は、雄のイノシシと雌のブタ(デュロック種)を掛け合わせた食用の家畜です。

    群馬県上野村での生産量は年間260頭ほど。

    村外ではなかなか手に入らない貴重なお肉です。

    猪豚は群馬県上野村以外でも、和歌山県すさみ町などで特産品として売りだしています。

    「干支銘柄」というかたちでイノシシと株式投資をむすびつけるのは、難しいとおもいます。

    地方の特産品として「猪豚」が売り出されていたり、「ゆるキャラ」でもいくつかイノシシをモチーフにしたものが見つかりましたので、わりとニッチなところでイノシシは取り上げられるのではないでしょうか。

    ※群馬県上野村の「猪豚」は次のサイトに詳細がございますで、興味のある方はご覧ください。

    JA上野村
    『猪豚(いのぶた)についてご紹介します』

    http://www.ja-uenomura.com/inobuta.html