スキマ時間を株式投資で有効活用しよう!

    スキマ時間を株式投資で有効活用

    うち合わせの待ち時間や、電車での通勤であなたは何をしていますか?

    音楽を聴いていたり、なんとなく疲れているので「ボ~」っとしていたり…

    そこで株式投資をするのはいかがでしょう。

    スキマ時間をつかってお金を稼げたら、便利だとおもいませんか?

    「働き方改革」の推進により、これからどんどん会社員の自由時間は増えるでしょう。

    さらに「人生100年」といわれる時代に、給料以外の収入源をつくるのは、誰にとっても大事なこととおもわれます。

    ここではスキマ時間を有効活用して、株式投資で成果を出すための方法をみていきます。

    まずは自分のスタイルを固めよう

    スキマ時間で稼ぐのにも様々な方法があるはず。

    まずは自分にピッタリのやり方をつくり上げることで、本業とのバランスを取ることからはじめましょう。

    初心者は投資手法がたくさんありすぎ、迷うことが多いです。

    そこでオススメなのが、スキマ時間の活用と相性のよい小型株への投資です。

    小型株の投資には以下、3つのメリットがあります。

    ①プロの投資家が少ない

    機関投資家や外国人投資家といったプロが投資するのは、主に大型株が中心です。

    一方で小型株を売買するのは個人投資家が中心であるため、プロとの勝負を避けられるメリットがあります。

    ②企業分析がやりやすい

    大型株は大企業のため、ほとんどが多角化経営をしています。

    そのため大型株へ投資すると、複数の事業を分析せねばなりません。

    小型株ならば事業はたいてい1つである場合がほとんどのため、スキマ時間を活用するにはこちらのほうが便利です。

    ③株価の上昇が期待できる

    すでに成熟した大企業よりも、これから成長期を迎えるベンチャーや中小企業の方が、伸びしろは大きいといえます。

    中長期投資をオススメします

    デイトレードやFXといった短期決戦で成果をあげているのは、かなりのスキルを持った投資家です。

    仮にデイトレードで勝負を挑む場合、そのような圧倒的スキルを持つ投資家とわたり合わねばならず、そのための準備や勉強に時間をかける必要がでてきます。

    しかもデイトレードは常に株価の動向をみはっている必要があるため、スキマ時間の活用とは相性が悪いでしょう。

    中長期投資であればチェックが必要なのは、日々の異常がないかどうかの確認と、四半期ごとの決算くらいで大丈夫です。

    スキマ時間を活用するなら中長期投資のほうが、だんぜん有利でしょう。

    分散投資より集中投資

    リスクヘッジのため分散投資が大切なのはもちろんですが、分析する会社の数が増えてしまうというデメリットもあります。

    決算発表の時期が被ることも多いので、特に初心者の方は3~4銘柄にしぼり、1つ1つの会社をじっくり分析する方が得策です。

    ※これらのスキマ時間を活用した投資手法の紹介は、以下のサイトを参考に作成しました。

    リンクを載せておきますので、さらに詳しく知りたい方は是非ご覧ください。

    ・株式投資の育て方
    【初心者必見】株式投資で自分に合う「投資方法」の見つけ方とは!?

    https://www.sumire100m.com/entry/2018/08/21

    スキマ時間を活用した投資方法についてはなしてきましたが、次は会社へ勤めながらスキマ時間を利用し、資産2憶円を達成した実例を紹介します。
    スキマ時間に株式投資で資産拡大

    元清掃会社社員 投資生活21年で2憶円を築いた生活習慣とは?

    【タイムスケジュール】

    ・通勤電車の中では気配をみて、目当ての銘柄があれば発注。

    ・儲けそこなわないよう、買うときは必ず成行か売り板にぶつける。

    ・会社へ着いたら投資額の大きい銘柄の気配値を確認。
    異常がなければ、そのまま仕事へ入る。

    ・仕事中は基本的に相場の確認はしない。
    どうしても気になるときだけ、日経平均先物と為替レートだけチェック。

    ・昼休みはトレードタイムにあてる。

    ※昼休みに株価をみたら急落していたという場合は、しょうがないと割り切る。

    ・終業後は会社のパソコンで保有銘柄の適時開示を確認。
    さらに喫茶店に寄って2時間ほど読書

    ・帰宅後は株がらみのネットサーフィンに没頭

    【特性】

    ◆:仕事より投資関連に費やした時間の方がはるかに長く、株が大好き。

    ◆:保有銘柄研究の徹底。

    → 決算、適時開示、会社四季報、チャート、ブログ、ツイッターなど、あるものは全部利用する。

    ◆:「全資産の4~5割をひとつの銘柄につぎ込むくらいでないと、大きく資産を伸ばすことはできない」と考える。

    まとめ

    「スキマ時間を使った株式投資=お手軽」、というわけではありません。

    自分の大事な資産を賭けておこなう以上、それなりの覚悟や勉強は絶対に必要でしょう。

    大きく資産を増やしたいと思ったら、「全資産の4~5割をひとつの銘柄につぎ込む」ことも必要かもしれません。

    ご自身の目的や生活スタイルにあわせ、上手に株式投資と向きあっていきたいですね。

    ※スキマ時間を利用した株式投資の実例は、以下のサイトから引用しました。

    他の成功例も掲載されていますので、興味のある方はご覧ください。

    2憶円達成で「脱サラ」 キモは朝昼晩の使い方
    https://style.nikkei.com/article/DGXMZO77682840Z20C14A9000000