巣ごもり消費銘柄に思惑買いの物色。おススメ株BEST3とは

    巣ごもり・オイシックス

    巣ごもり消費銘柄に思惑買い特需。おススメBEST3を発表

    テレワークの推奨、学校休校、イベント中止、テーマパークの休園…

    新型肺炎(新型コロナウイルス)による影響から、様々な影響が各方面に出ています。

    上記4つのキーワードは基本的に外出を控えてね、というテーマのため、巣ごもり消費銘柄に思惑買いが発生して株価が上昇しています。

    そんな巣ごもり消費銘柄の中で、今後の株価上昇が期待できそうなおススメBEST3を独自に紹介していきます。

    巣ごもり消費銘柄が株価上昇率の上位を占める

    まずはこちらをご覧くださいませ。

    巣ごもりリスト

    ※引用元:ヤフーファイナンス


    本日(3/5)、午前中の株価上昇率TOP20です。

    イグニス、Jストリーム、オルトプラス、オウケイウェイヴ、バンク・オブ・イノベーションなど、ゲームやスマホアプリ、動画視聴サービスなど銘柄が目立ちます。

    今日の前場では娯楽系の銘柄が目立ちましたが、そのほかの巣ごもり消費銘柄もおおむね好調に上昇しているようです。

    ちなみに、政府が全国の小中高校の休校要請を発表してから上昇した銘柄にオイシックス・ラ・大地(3128)があります。

    オイシックス株価チャート

    ※引用元:ヤフーファイナンス


    オイシックスは安全に配慮した果物や野菜をネット販売する会社です。
    巣ごもり需要の恩恵を受けるという思惑が入り、株価が上昇したものと思われます。

    出前館などの食事のデリバリー業にも注目が集まりそうですね。

    コロナの収束がいつになるのか、現時点では見通しが立っていないため、長引く可能性があるので株価の観点からいうと巣ごもり消費関連銘柄には妙味がありそうです。

    巣ごもり消費銘柄のおススメBEST3

    新型コロナ収束の見通しが立たない中、今後株価が上昇していきそうな銘柄にはどんな株があるのでしょうか。

    おとなの株ラウンジが独自の切り口で注目のBEST3をご紹介していきたいと思います。

    第3位 日清食品ホールディングス(2897)

    第3位の日清食品HDは言わずと知れたカップ麺、インスタント麺のパイオニア企業。
    先週末スーパーに行ったら、軒並みカップ麺やパスタ、米が棚から消えていました。

    子供のいる家庭では、簡単に食べられるものということでカップ麺の需要がかなり伸びているようです。

    子供がいない家庭でも、外出の機会が減ることで、食糧のストックをしておこうと買いだめする人が増えているようです。
    今や日本だけでなく世界中で売られている同社製品には、かなりの売り上げ増の可能性があるのではないでしょうか。

    第2位 ネクソン(3659)

    第2位のネクソンは、無料RPG などのPC向けオンラインゲームを配信している会社です。
    今回のコロナ騒動では、子供たちも学校が休みになるということで、オンラインゲームに対する需要が急増するのではないかと予想しています。

    特にRPGなどの続きものは、長期の休みがあるとプレイしやすいので、ユーザーが増加するのではと個人的には考えています。

    第1位 and factory(7035)

    第1位のand factory(アンドファクトリー)は、スマホゲーム攻略の掲示板、漫画アプリを手掛ける会社。ほかにも体験型宿泊施設に進出しています。

    直近の決算内容は非常に良かったのですが、株価は下落を続けています。

    これはコロナ相場の影響を理不尽に受けたことと、創業者が持ち株数を減らしたことが原因だと考えられています。

    巣ごもり消費銘柄が見直され、需給が改善されれば、業績は良いので株価は反転していく可能性があるのではと見ています。
    ※あくまで個人的見解です。株価上昇を確約するものではないのであしからず。

    以上、筆者が独自の切り口で巣ごもり消費銘柄の上昇期待BEST3を紹介しました。

    今後、新型コロナウイルスの問題がどのように展開していくのかによって、情勢は変わってきます。

    ですので、案外はやく事態が終息すれば、また違った展開になっていく可能性がありますので、その点はご留意くださいませ。

    ただ、どんな状況下でも投資に適した銘柄というのはあります。

    それを見つけ出す手助けをしてくれるロボアドバイザー「循環物色アナライザー」なら、逆張りや空売り、グロース株など、あなたの利益になる可能性の高い銘柄を選んでくれます。

    口コミを見ることも可能ですので、ご興味のある方は循環物色アナライザーの口コミからどうぞ。

    ※↓↓↓一生懸命ブログ書いていますので、もし良かったらぽちっとクリックおねがいします。


    株式ランキング