ピーター・リンチの株で勝つはなぜ個人投資家に向いているのかを解説

ピーター・リンチ

ピーター・リンチの株で勝つはじっくり投資したい個人投資家にピッタリ

突然ですが「ピーター・リンチの株で勝つ」という本をご存じでしょうか?

この本の著者ピーター・リンチは米国の著名ファンドマネジャーで、驚異的なファンドの成果を出したことで知られています。

ちなみに「テンバガー」という、株価が10倍になる意味の言葉の生みの親でもあります。

ピーター・リンチはフィデリティ社のマゼラン・ファンドを1977年から1990年まで運用。彼は、平均29.2%の年間リターンを達成するという驚異的な成果を出しました。
100万円投資していたら、年間29万2千円ものリターンを13年連続で達成すると考えると、どれだけ凄い運用実績なのか、お分かり頂けると思います。

そんな彼が著した本が冒頭の「ピーター・リンチの株で勝つ」です。
実はこの本「アマの知恵でプロを出し抜け」という副題があります。

アマチュアというのは個人投資家と置き換えて差し支えないでしょう。

老後資金2000万円問題が話題となりましたが、じっくりと長期で資産運用してお金の心配を将来したくない人向けといえます。

そこで、ピーター・リンチの株式投資方法について、わかりやすく紹介していきます!

ピーター・リンチの株で勝つ方法は何が凄いのか?

ピーター・リンチはおそらく金融史に名を残す投資家だと思います。

そんな彼が教える投資法なので、さぞや難しい方法なのだろうと思いそうですが、実際はとてもシンプルです。

現在の株式市場はコンピュータのアルゴリズム取引が主流となっています。情報量や資金面では個人は機関投資家やコンピュータに太刀打ちできません。
個人が勝てる武器は時間です。

言い換えれば、時間を味方につけた長期投資はまさに個人投資家向け。
ピーター・リンチの株式投資手法は、そんなゆっくりと資産を増やしたい人に向いていると私は思います。

ピーター・リンチの株で勝つ方法は、アナログなやり方もかなり含みます。個人投資家の知恵も使います。

そこに勝機があると私は思います。

ピーター・リンチの投資手法の凄さは、誰でも実践できるシンプルな手法だと思います。

そして、シンプルだからこそ皆さんにもご紹介したいと思い、当ブログで取り上げることにしました。

ピーター・リンチの株で勝つ法則とは

ピーター・リンチはアマチュア(個人)の強みを活かして株式投資すると良いと著書の中で説いています。

リンチ曰く、アマには次のような強みがあるからです。

<個人投資家の強み>
・小型株に投資できる
・制約がなく、マイペースな投資が可能
・普段行く店など、日常の情報を活かせる

・小型株に投資できる
機関投資家などは、運用資金が大きすぎるため小型株に投資できない場合があります。
これは投資信託によって判断などがまちまちだと思いますが、小型株に機関投資家が入ってきにくい部分は確かにあると思います。

・制約がなく、マイペースな投資が可能
ファンドマネジャーには投資家の換金需要に応えるために持ち株を売却しなければならない制約があります。これは個人投資家にはないので、もっと上昇する見込みのある株を売らなくても良いという強みがあります。

・普段行く店など、日常の情報を活かせる
普段利用するスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどでよく売れている商品を見つけることもあるでしょう。その商品のメーカーが上場企業である可能性もあります。まだ株価が上昇していなければチャンスかもしれません。

さて、自分でなかなか良さそうだなと思う銘柄を見つけたら、チェックしたい項目がいくつかあります。これもピーター・リンチの教えです。

<銘柄チェック項目>
・会社の成長余地
・ヒット商品・サービスの業績への影響
・競争優位性
・会社の業績(実績+予想)
・PER

・会社の成長余地
あまりにも大きくなりすぎてしまった会社は、小さな会社だった頃と比べて成長の余地はそれほど大きくはないことでしょう。成長余地が大きいかを調べることは大事です。
例、商圏が関東しかない会社の場合、他の地域への参入余地がある。

・ヒット商品・サービスの業績への影響
100億円のヒット商品でも、もともと年商5000億円の企業と、年商300億円の企業とでは業績に与える影響がまるで違います。よりインパクトの強い企業の方が株価に強く反応します。

・競争優位性
参入障壁の高いビジネスをしているかどうか、すでに圧倒的なシェアを奪っているかなど、競争優位性をしっかりと持った会社であれば投資先候補としては優良。

・会社の業績(実績+予想)
会社の業績がしっかりしている会社。基本的に赤字はNG。筆者オリジナル視点として、過去の実績だけでなく、将来予想もしっかりと成長性の高さを保てている会社ならベター。

・PER
株価が割高かどうかを見る指標。PERの業種平均や同業他社と比較して、割安かどうかを計ってみると良い。日本株のPERは約15倍と言われているので、ひとつの目安になるかも。

終わりに

最近は勢いが失われましたが、いきなりステーキの店舗数が凄まじい勢いで増えていた時、親会社ペッパーフードサービスの株価はテンバガーになりました。

自分の生活圏内でいち早くその勢いに気付いて投資していれば、大きな利益を得られた可能性があります。ピーター・リンチが日本に住んでいたら株を買っていたかもしれませんね(笑)
このようなチャンスはこれからも沢山あると思います。

ネットでの情報収集も良いですが、足を使ったアナログ的なやりかたも結構効果はあると思います。

ピーター・リンチは、自分の足や頭を使ってテンバガー株を見つける楽しみを教えてくれているように思います。


株式ランキング