モメンタム投資のやり方 モメンタム株とはなんだ?

モメンタム投資

モメンタム投資のやり方はシンプルで初心者向き

(最終更新日:2021/4/1、元記事:2018/10/24)
株の初心者でも利益の出やすいトレード方法はないものか…?

クロサキは考えました。

そして…1つの結論に達しました。

モメンタム投資のやり方が良いのではないか?

モメンタム投資とは株価上昇を追うやり方で、初心者でも利益を上げやすい王道です。

モメンタムとは、「勢い」を意味し、株価が勢いよく上昇を続けている銘柄をモメンタム株といいます。

もしモメンタム投資のやり方を知らないのなら、とてももったいない。

モメンタム投資はうまく上昇の波に乗れれば利益を大きく伸ばせます。

具体的にどのような投資戦略なのかをわかりやすくお話していきましょう。

モメンタム投資のやり方 基本はトレンドを読むこと

モメンタム投資が相場の勢いに乗って投資する戦略であることはお話しました。

その具体的な方法についても解説していきます!

投資経験のある方なら、株価が上げ下げを繰り返しながら上昇していくことはご存知でしょう。

モメンタム投資は、株価チャートの長期上昇トレンドを形成している銘柄を見つけ、トレンドに乗っかる投資手法。

実際の例を見てみましょう。

下図は「イオン九州」(2653)の日足チャート。
イオン九州チャート
※引用:スマートチャートプラス

チャートを見ると、株価は上下を繰り返しながら長期上昇トレンドを形成しているのがわかります。

ここで注目して頂きたいのは、赤丸を付けた部分

株価は下落をしていますが、支持線(サポートライン)で反発しています。

じつは…

1、支持線を引くこと
2、株価の反発ポイントを見つけること

この2つがモメンタム投資の成功の秘訣なのです!

このチャートでは赤丸は2つですが、支持線に反発される回数が多いほど、上昇トレンドが強いといわれています。

イオン九州の場合は7/6の株価1900円のところで支持線にローソク足の下ヒゲがタッチし、株価は上昇。

成功するモメンタム投資家は、あらかじめチャートに支持線を引き、株価の反発ポイントを予測します。

今回の場合だと、1900円あたりで株価が反発すると予測、そこで投資を開始というわけです。

モメンタム株の見つけ方

モメンタム投資の優位性についておわかりいただけたかと思います。

なぜ私がこのモメンタム投資のやり方を紹介したのか?

シンプルで複雑なテクニカル分析をしなくてもわかりやすいからです。

やることは以下の通りです。

<モメンタム株の見つけ方>

・日足・週足チャートを見て、上昇トレンド銘柄をみつける

・証券会社の「チャートの形状検索」でさがす

・ローソク足の下ヒゲ同士をつなげる支持線を引く

・上昇トレンド銘柄がサポートラインで何度も反発しているかを見る

・株価がその支持線まで下落してきたら、押し目買い

・すでに支持線にタッチし株価が反発していたら、モメンタム(勢い)に乗る

上記、チャートの形状検索は、SBI証券や楽天証券などのネット証券で利用できます。

チャートの形状検索
※出典:楽天証券

最低でも半年から1年分くらいのチャートは見るようにしましょう。

あまり短い期間だと支持線がうまく機能していないことがあるので、1年分くらいのチャートがほしいです。

イオン九州の例では、支持線で株価が反発していたのは2箇所でしたが、3~4箇所くらいだと、その支持線は多くの投資家に意識されている証拠になります。

株価が反発すると後はモメンタムに乗って株価上昇が多くなります。

その流れに乗り遅れないように投資していけると、大きな利益につながることでしょう!

より多くの利益を上げたい場合、上昇トレンドの角度がゆるやかな銘柄より角度のある銘柄の方が、上昇エネルギーが大きい傾向があります。

以下は参考までに、日本水産(1332)のチャートです。
日本水産チャート

このビッグウェーブに乗ったモメンタム投資をマスターすれば、資産の倍増も夢ではありません。

チャートを見るのが宝探しのように楽しくなってきますね!

関連記事

ローソク足の見方 今さら聞けない基本をプロが解説!

押し目買いとは?「押し目待ちに押し目なし」を見分けるコツ

こちらも併せて読みたい

仕手株とは?銘柄・チャートの特徴と見分け方

グランビルの法則が株で使えない説は本当か?投資診断士が検証

まだコメントがありません

この記事にコメントする

よく読まれているブログ

「投資コラム」の人気記事トップ3

免責事項
掲載している情報や口コミについては、万全を期しておりますが、その内容の安全性や正確性などを保証するものではありません。
ならびに、当サイト介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。
万一、外部ウェブサイトの利用につき問題が生じた場合、
その責任はリンク先の外部ウェブサイトが負っていますので、外部ウェブサイトと利用者ご自身の責任で対処してください。