下方修正で株価に意外な影響も~悪材料出尽くしで株価上昇をねらう!

    下方修正

    下方修正は必ずしも株価に悪影響を与えない。爆騰の可能性も!

    下方修正」と聞くと「株価に悪影響が出て、株価が急落してしまうのではないか?」というイメージをお持ちの方が多いように思います。

    たしかに下方修正発表後に株価が下落する銘柄は多くあります

    しかし、実際には企業が下方修正発表した後、株価が上昇するケースも多くみられるのです。

    いわゆる「悪材料出尽くし」が好感され、株価が上昇するケースです。

    特に悪材料出尽くしと投資家からみなされた銘柄の株価は緩やかな上昇ではなく急騰することもあり、大きな利益を得るチャンスも含まれています!

    下方修正の発表1つ取っても、株価が下がる銘柄もあれば急騰する銘柄もある…

    この下方修正による影響が株価にどんな影響を与えるのか、その傾向を知ることは大きなリターンにつながる可能性があります。

    そこで、下方修正が株価に与える影響について、悪材料出尽くしなどを含めてお話していきます!

    下方修正と株価の関係は投資家の気持ち次第?

    下方修正後の株価の動きは、ベテランの投資家でも見極めるのがむずかしいと言われています。

    極論を言ってしまうと、「下方修正」という1つの発表を受けて落胆する投資家と、これでもう悪材料出尽くしだから今後は業績が上がっていくだろうとポジティブに捉える投資家の心理的な綱引きで有利な方に株価が動くということです。

    株価は時に業績などの実態経済ではなく、人の気持ちによって大きく動くことがあります。

    まさに下方修正が発表された直後には、このようなことが良く起こるのです。

    では、多くの投資家が「悪材料出尽くし」と感じるだろうなと予測を立てるにはどうしたらよいのでしょうか

    私が考える手がかりは2つあります。
    以下の例は月次売上報告を出している企業の場合です。

    【手がかり1】
    月次売上報告の、直近の売上数値などが上向いているか?
    【手がかり2】
    新商品やサービスを展開しているか?(展開している場合、人気となっているか?)

    基本的にはこの2つの手がかりを見るだけで、今後株価に上昇期待があるかどうかある程度わかります。

    今はまだ新商品や新サービスが業績に与える影響が小さくても、今後業績に大きな貢献をしていく可能性を投資家の多くが感じられるようなら、下方修正が出た後で株価が上昇していく可能性が高いものと思います。

    逆に、直近の売上に改善のきざしが見られない。
    新商品やサービスもない。

    となってしまうと、下方修正後に株価の下落が長期かつ大きくなってしまう傾向が高いように思います。

    下方修正が悪材料出尽くしで好感され、株価が上昇したケース

    スルガ銀行(8358)

    ある意味今年1番話題になった銘柄かもしれません。

    不動産会社スマートデイズ(破産手続き中)が手掛けた「かぼちゃの馬車」などのシェアハウス向けに不正融資があった問題で創業家の総退陣などに追い込まれたのは記憶に新しいところです。
    かぼちゃの馬車
    そんなスルガ銀行に「スルガ銀が大幅高、最終赤字転落見通しで悪材料出尽くし感」との見出しで報道が出ています。(引用:IG証券)
    ↓↓↓
    ニュース記事はコチラ

    記事によれば、「スルガ銀行の2018年上期(4~9月期)の連結最終損益が約900億円の赤字になる見通しが報じられ、悪材料出尽くし感からスルガ銀行株に買いが入っている」とのこと。

    同行はシェアハウスのオーナーと借金減額交渉を始めたことや、創業家出身の前会長ら旧経営陣に損害賠償を求め提訴する方針も固めている。

    これらが悪材料出尽くしと投資家に好感されて株価が上がっているものと思われます。

    スルガ銀行株価

    ※引用:ヤフーファイナンス


    逆に、自動車メーカーのSUBARU(7270)のように、不正問題が次から次へと出てくると、前回の発表で悪材料出尽くしだと思っていたのに、まだあるのか…と投資家が失望し、株価は下落の一途となります。
    SUBARU株価

    ※引用:ヤフーファイナンス


    こういう場合には投資を見送った方が賢明といえるでしょう。

    下方修正戦略のまとめ

    最後におさらいです。

    下方修正を発表した企業には良くも悪くも株価に影響が出ます。
    その中で、利益を得ていくには次の3つを大切にすることをおススメします。

    ・「月次売上報告の、直近の売上数値などが上向いているか」をみる
    ・「新商品やサービスを展開しているか」「展開している場合、人気となっているか」をみる
    ・旧経営陣の総退陣など、会社が膿を出し尽くしたと判断できるか

    特に上の2つに関しては会社のHPなどの発表で見ることができ、数値に裏打ちされた投資戦略を練れるので、比較的実践しやすいことでしょう。

    1番下の項目については、その後の投資先の企業の動向のフォローが大切になります。

    その点は注意が必要です。

    また何か気になることがありましたら、随時お伝えしていきます!