IPOに当たらない人注目!当たる人が実践する当選確率を上げる方法

    IPO株投資

    IPOに当たらない人、当たる人の差はたった1つのことだった?

    IPOに全然当たらない…!

    あなたはそんな悔しい思いをしていませんか?

    もしIPOに当選しまくっている…というIPO投資の成功者ならこの先を読む必要はありません。

    ですが…

    IPO抽選に何度も申し込んでいるのに1回も当たらない…
    SBI証券のIPOポイントはどんどん貯まるのに、いつも落選している…

    IPOに当選したくてお困りの方には有益な情報になるかもしれません。

    世の中にはIPOに当たらない人が沢山いる一方で、何度も当選している人もいます。
    IPO抽選に当たらない人と当たる人の差はどこにあるのでしょうか?

    色々と調べた結果、いくつか興味深いことがわかってきました。

    IPO投資に成功している人が普段行っている方法をシェアしたいと思います。
    IPOに当選しない日々から、一日も早く脱却していきましょう。

    IPOに当たらない人と当たる人の共通点

    IPOに当たらない人と当たりやすい人…

    両者の違いはどこにあるのでしょうか?
    運?資金量?

    運は多少あるかもしれませんが、筆者には正直腑に落ちません。

    基本的にはIPOに申し込んでも当たらない人の方が圧倒的に多いです。
    しかし、その裏で複数回当選しているIPO投資家もいます。

    IPOに当たらないと嘆く前に、当選回数の多い人が何をしているのかを探ってみました。
    IPO喜ぶ人悲しむ人
    その結果、あることが判明しました。それをお伝えする前に、基本編です。

    IPOに当たらない人も当たる人も、共通して行っていることをおさらいしておきましょう。

    <IPOに当たらない人・当たる人が共通して行っていること>
    IPO投資をする上で当たる人、当たらない人が共通で行っていることは以下の3つだと思われます。

    ・主幹事証券の証券口座からIPO抽選に申し込む
    IPOの場合、主幹事を務める証券会社に割り当てられる株数が圧倒的に多くなります。
    大体80%くらいが主幹事証券に割り当てられているのが一般的なようです。
    つまり、主幹事証券経由でIPOに申し込むのは王道といえます。一方で、みんな同じことを考えるので、競争力も非常に高くなります。

    ・IPO抽選用に複数口座を開設する
    これは簡単に言えば、数打ちゃ当たる作戦です。IPO投資ができる証券会社の口座を片っ端から開設しまくってIPO抽選に申し込みしまくる作戦です。

    ・IPOの完全抽選方式の証券会社はマスト
    IPO投資ができる証券会社の中には、IPO株をお得意さんに優先する会社があります。一方で、お得意さんとか関係なく、公平に抽選をしてくれる証券会社も存在します。後者の完全抽選方式の証券会社で申し込むのは必須といえます。

    IPOマネックス証券

    ※出典:マネックス証券HP

    では、IPOに当たらない人と当たる人の差はどこにあるのでしょうか?

    IPOに当たらない人の疑問。複数当選者が当選確率を上げるためにしていることは?

    IPOに当たらない人が知りたいこと…。
    それはおそらく、複数当選者は当選確率アップのために何をしているのか?だと思います(笑)

    色々調べたりしていくと、IPOに当たらない人との共通点の他にも複数当選者はあることを大切にしていることがわかりました。

    それは人とのつながりです。

    もう少し詳しくお話していきましょう。

    IPO投資の成功者が大切にしていることは、中小証券会社との付き合いです。

    「中小の証券会社との付き合いを深める」方法は、証券会社の社員との信頼関係を構築することが肝となります。

    おそらく多くの個人投資家はSBI証券や楽天証券などのネット証券をメインに利用していることでしょう。

    手数料も安いですし、情報量も多くサイトやアプリの使い勝手も良いので私も利用しています。

    しかし、みんなが使っている証券会社はIPOに申し込む人数も多く、過当競争が発生しやすくなります。

    結果的に、IPOに当たらない状況が作られやすくなってしまいます。

    ではどうするか?

    あまり知名度は高くなくてもIPOに関する実績のある証券会社などにターゲットを絞る方法があります。

    具体的にいうと、証券マンが対面営業や電話でのやり取りをしているような証券会社ですね。

    あまり知られていませんが、IPO株はこういう中小の証券会社にもある程度の株数が割り振られます。
    日ごろから付き合いのある証券マンとの信頼関係があれば、じゃあ今回のIPO株は〇〇さんに割り振ろうか、と入手できることが実際にあるのだとか。

    IPO投資で地道に稼いでいる投資家は、こうした努力を惜しまない人も多いようですね。

    この辺りがIPOに当たらない人と、当たりやすい人との差なのかもしれません。

    地道な方法ではありますが、確かに効果はありそうです。
    あなたも試してみては?


    株式ランキング