HEROZ(4382)利益40万狙えるIPO株がまもなく抽選開始

    藤井聡太棋士の活躍もあり、最近何かと将棋にまつわるニュースが多いですが、
    将棋に人工知能を用いた”将棋AI”の開発で話題になったHEROZ[ヒーローズ](4382)が東証マザーズへ新規上場承認されました。

    取引先にはAppleやGoogle、DeNAの名前が並び、今期の業績は急拡大となっており期待したいIPO株です!

    まもなく抽選が開始される注目のIPO株 HEROZ(4382)の基本情報をおさらいしましょう。

    上場先: 東証マザーズ
    公開予定日: 4月20日(金)
    抽選期間: 2018年4月5日(木)~2018年4月11日(水)
    想定価格: 3,640円
    公開価格: 4月12日(木)
    時価総額: 121億円
    公募株数: 172,200株
    公式HP: https://heroz.co.jp/

    想定の仮条件は「3,640円 ~ 3,740円で想定の初値予想は「7,500円 ~ 8,600円」となっています。
    予想上限にて「初値売り」をすると、
    (8,600円 – 3,740円)× 100株=48.6万円
    の利益になりそうです。

    なんでそんなに注目なの?

    将棋×AIは今最も旬なテーマであり、人口知能の象徴とも言える存在です。
    これから伸び率が期待されるAI関連市場の中で今注目されているのが将棋への応用です。

    さらにHEROZ(4382)は、AIを応用することで、企業の課題解決問題等にも応用を進めているようで、
    AIが高い付加価値を与えています。

    HEROZ(4382)の象徴である将棋ウォーズと、そこから派生される事業は大きな注目を集めることは間違いないと思います。

    気になる業績は…?

    売上は右肩上がりの成長とは行かず、まばらになっています。
    しかし、直近の利益面に目を向けると高い伸び率を見せています。
    人口知能(AI)はまだ注目を集め始めたばかりなので、
    その意味ではAIの普及とともに急速に成長していく可能性があります。

    テーマ性、話題性、将来性も十分で、まだ2018年は始まったばかりですが、
    今年最も注目されるIPO株のひとつでしょう。

    喉から手が出るほど欲しい…という人もいるでしょうが、まさにこれからが抽選です。
    公募株数は少ないですが、主幹事である「SMBC日興証券」は公平抽選なので、
    私のような庶民でも当選のチャンスがあります!
    それ以外に、

    ・マネックス証券
    ・SBI証券
    ・岡三オンライン証券

    などもあります。
    気になる方は是非調べてみてください!