ガンホー株価、妖怪ウォッチ効果で何倍まで上がるかを予想

    ガンホー株価ロゴ

    ガンホー株価に復活のきざし?妖怪ウォッチ200万DL達成で株価は何倍まで上がる?

    「パズドラ人気」一服後、株価低迷にあえいでいたガンホー。
    ここへきてついにガンホーの株価に再浮上のきざしが出始めています。

    6月27日にリリースした新タイトル「妖怪ウォッチワールド」のダウンロード数(DL数)が9月14日に200万DLを達成。勢いはいまも続いている。

    「ポケモンGO」の再来とメディアに取り上げられるなどし、はやくも株価にも影響が出始めている。

    パズドラを超えるヒットとなり、ガンホー株価も再び何倍も上昇していくのか?
    その可能性を私なりに予想していきます!

    ガンホー株価、絶頂期は100倍以上に爆上げ

    ガンホー株価の爆上げはそれほど昔のことではありません。
    今から5~6年前、2012~2013年にかけてのことでした。
    ガンホー株価チャート
    上記のガンホー株価のチャートを見ると、ものすごい勢いで株価が上昇しているのがわかりますね…

    2012年5月の安値14.3円でガンホー株を買い、
    2013年5月の高値1633円で売れば114.2倍になっていた計算です。

    当時10万株(143万円)投資していれば、1億6330万円に大化けしていました。
    まさに億万長者になれていたわけですね。

    絶頂期の株価の上昇エネルギーがいかにすごかったのかが伝わってきます…!

    ちなみに「パズドラ」は今年3月時点で国内累計DL数4800万回を達成。
    妖怪ウォッチワールドの場合はまだ200万DLを超えた段階ですので、パズドラに並ぶまでまだまだ余地はあるといえるでしょう。

    DL数が増えていけば、それだけ株価も比例して上昇していくことが予想されます!
    はたしてガンホー株価は何倍まで上昇する余地があるのでしょうか…楽しみです。

    ガンホー株価が何倍まで上がるかは妖怪ウォッチワールドにかかっている

    ではガンホーの株価の今後を左右する「妖怪ウォッチワールド」とは、どんなゲームなのでしょうか。

    少しふれていきます。

    ガンホーの発表によれば、『妖怪ウォッチ』の世界が、3Dマップ上でリアル世界と融合する新感覚の妖怪探索位置ゲームとのこと。

    ゲーム内容としては、ゲームを起動しスマートフォン画面を覗いてサーチすると、AR(拡張現実)によって妖怪たちが現実世界に出現。
    日本全国に放たれた妖怪をGPS機能を使って集めるゲームだそうです。

    どうやらメディアでも報じられているように、任天堂の「ポケモンGO」とかなり近いゲームのようですね。

    ちなみに「ポケモンGO」は今年5月時点で全世界8億DLを達成しているとのこと。

    8億…

    国外を含めた集計とはいえ、国内DL4800万のパズドラと比較してもケタが1つ違いますね。ピカチュウ恐るべし…

    やはり世界的な人気キャラであるピカチュウ(ポケモン)のゲームとなると、ポケモンの看板だけでかなりの数がDLされますし、知名度に差があるようですね。

    では妖怪ウォッチワールドの今後はいかに?

    これに関しては、私の個人的見解ですが、国内のDL数は今後も増えていくものと思います。

    妖怪ウォッチを見て育った子供たちがスマートフォンを手にする年齢になり、妖怪ウォッチワールドで遊ぶ子もいることでしょう。

    子供と一緒になって妖怪ウォッチを見ていた親の世代が遊ぶことも考えられます。

    こうした潜在的需要を考えれば、成長の余地はあるものと私は考えます。

    ガンホー株価は何倍まで上がるかを予想

    妖怪ウォッチワールド200万DLの報道が出た直後の株式市場では、ガンホー株価に早くも反応が出ています。
    ガンホー株価
    前日終値よりも9%以上も上昇しています。
    それだけ報道のインパクトが強かったということでしょう。

    では、このままガンホー株価はかつてのパズドラブームのように100倍以上になるのでしょうか…?

    結論からいうと、その可能性はかなり低いものと思われます。

    その根拠をいくつか挙げます。

    まず、パズドラブームの時は、元々ガンホーの株価がとても低かったことです。
    14.3円でしたからね。それに対して今は240円の水準。
    どちらの方が上昇余地が大きいかといえば、前者ということになるでしょう。

    次に、パズドラにはオリジナリティのインパクトがあったという点が挙げられます。
    今までにないゲームだからこそ、好奇心をくすぐられてプレイしてみたいというユーザーが増えるのが一般的だと思います。

    まさにパズドラにはその要素がありました。

    しかしながら、妖怪ウォッチワールドにはオリジナリティという部分で強みに欠けるように感じます。

    ポケモンGOと似たようなゲーム感がどうしても否めないことです。

    もしポケモンGOというゲームが存在しておらず、妖怪ウォッチワールドがこの手のゲームの初めてのタイトルだったらインパクトは計り知れないほどあったと思います。

    そのインパクトが欠けていることが、100倍のような上昇は難しいと考える最大の要因です。

    とはいえ、先ほども申したように今後も妖怪ウォッチワールドのDL数は増えていくものと思いますので、その数にもよりますが、最大で2~3倍くらいまでは上昇していく可能性があるのではないかと思います。

    PBR(株価を1株あたり純資産額で割った値)も2.66倍と低い水準ですし、2~3倍程度になっても不思議ではありません。

    以上のことから、

    妖怪ウォッチワールドによって、ガンホー株価が100倍になることはないと思いますが、2~3倍になる可能性はある、というのが私の結論です。

    ただ、個人的には数十倍に跳ね上がっていくさまをもう1度見てみたいですね!

    ※投資は自己責任でお願いします。