ギャン理論とは?28のルールに込められた勝つ方法・負けない投資

    ギャン理論の28のルール

    ギャン理論とは28のルールからなる、初心者でも実行可能なトレード手法だった

    ギャン理論をご存じでしょうか?
    ギャン理論とは、28のルールからなる投資術です。

    ギャン理論は1929年の世界大恐慌を生き抜いた伝説のトレーダー、ウィリアム・D・ギャンが編み出し、現在でも世界中のトレーダーから愛されています。

    伝説のトレーダーが編み出したギャン理論は価値のある28のルールとも呼ばれています。

    こう聞くと、ものすごく難しいトレードルールではないかと思われがちですが、まったくそんなことはありません!

    投資・トレード初心者でも実践できます。
    ギャン理論の28のルールの良いところは誰でも実践できるところです。

    みなさんもご自身の投資の参考にしてみてはいかがでしょう?

    ギャン理論の価値ある28のルールとは

    ギャン理論とは具体的にどんな28のルールなのか?
    ギャンが活躍した時代から100年近く経った今でも愛される、ギャン理論の28のルールを早速紹介していきましょう。

    <ギャン理論の価値ある28のルール>
    1、一度のトレードで資金の1/10以上損失が出るようなリスクは取らない。
    2、常にストップロス注文を使う。
    3、取引を重複させない。
    4、利益を損失にしない。(含み益があれば、ストップロス注文等で含み損にならないようにする)
    5、トレンドが分からない時は取引しない。トレンドに逆らった取引はしない。
    6、迷ったら出る。迷ったら入らない。
    7、活発な市場でのみ取引する。
    8、違う市場間でリスクを均等に分散する。
    9、指値注文はせず、成り行き注文で取引する。
    10、正当な理由がないのに手仕舞わない。
    11、取引で儲けた余剰利益は別の口座に置く。
    12、利益の薄い(スキャルピング)取引はしない。
    13、損失を平均化しない。(ナンピン買いをしてはならない)
    14、忍耐無く市場から抜け出したり、待つのが不安だからといって市場に入ったりしない。
    15、小さな利益と大きな損失を避ける。(損小利大)
    16、ストップロス注文を出したらキャンセルしない。
    17、市場に頻繁に出入りすることは避ける。
    18、相場の両サイド(買い、売り)からお金を稼ぐことに意欲的であること。
    19、値頃感で取引しない。
    20、間違ったタイミングでのピラミッディング※に注意する。ピラミッディングは抵抗線を超えるか、指示線が壊された時のみ成されるべき。
    21、ピラミッディングは適切なタイミングでは非常に有益な場合がある。買いの時に上昇トレンドが強く、売りの時に明確な下落トレンドがある銘柄・商品を選択する。
    22、負けポジションをヘッジしない。ある商品を買っていてそれが下がり始めたら、ヘッジするために他の商品を売ってはならない。損切りし、次の機会を待つ。
    23、正当な理由が無い限り、ポジションを変えない。取引をする時は一定のルールに従って、正当な理由で取引をする。その後はトレンドが変わる明確な兆候がない限り、手仕舞いしない。
    24、長い期間での取引で儲けた時は、トレードを避ける。規律ある計画的な取引プログラムを維持する必要がある。
    25、天井や底を推測しようとしない。本当に天井か底かは市場が見せてくれる。
    26、盲目な人のアドバイスに従わない。
    27、最初の損失後は取引を減らす。決して増やさない。
    28、間違って入って間違って出てはいけないし、正しく入って間違って出てはいけない。これは二重の間違いである。

    ※ピラミッディング:順張り投資などで、追加買いをしてポジションを増やしていくこと。

    28個もルールがあると、さすがにボリュームがありますね(笑)

    ギャン理論の28のルールは、基本的には短期投資におけるルールと言って良いでしょう。

    ただ、長期投資の人にも参考になるルールは結構あるので、知っておいて損はないと思います。

    ギャン理論の28のルール…
    1つ1つのルールを見ると、それほど難しいことは言っていません。

    「リスクを取りすぎるな」「ナンピン買いはだめ」「値ごろ感で取引するな」など、リスク管理やポジション管理、感情に流されないようにすることなどを説いたルールが多いのが特徴です。

    ルール14では、忍耐の重要性についても説いていますね。
    長期投資は元より、短期投資のトレードでも忍耐は重要であることは共通していると私は思います。

    いきなり全部を実践していくのは大変だと思います。
    できるところから取り入れてみてはいかがでしょう。

    ギャン理論の28のルールを初心者はどう投資に取り入れたらよいか?

    ギャン理論の価値ある28のルールをご紹介してきました。

    熟練した投資家なら、すでにご自身の投資ルールをお持ちのことでしょう。
    しかし、まだ投資ルールや勝ちパターンを見いだせていない初心者は、ギャン理論をどう取り入れたら良いのでしょう。

    あくまで一例として、筆者の私見を述べさせていただきます。

    投資…というと、一般的には大儲けするために行う経済行為というイメージが強い傾向にあります。

    ところが、ギャン理論の28のルールは大勝するためのルールではなく、負けないためのルールといえます。

    ですので、初心者の方が取り入れるのなら、負けない投資法を構築するために取り入れるのがベターだと思います。

    負けない=勝ち→資産が徐々に増えていく

    このループを繰り返せるようになれば、テンバガー狙いじゃなくても資産は増えていくことでしょう。


    株式ランキング