選挙で上がる銘柄って?選挙関連銘柄で効率的に利益を上げる方法

    東京株式市場では選挙関連銘柄の値動きに注目

    世間が選挙モードに入る中、東京株式市場では選挙関連銘柄の値動きが予想されています。
    政治や国内情勢、海外情勢に伴い株価は大きく動き、その動きを逃さなかった投資家は大きな成功を手にしています。
    個人投資家からすれば、このタイミングを逃したくはないですよね。

    では、効率的に利益を上げる為に、どのような準備をすればよいでしょうか?
    今回の選挙で値動きが予想される銘柄をまとめてみたので、ご確認ください。

    衆議院選挙関連銘柄

    衆議院の解散総選挙により「幼児教育関連」に注目が集まる

    【注目の幼児教育関連銘柄】
    ・東海染工(3577)
    ・京進(4735)
    ・幼児活動研究会(2152)
    ・ライクキッズネクスト(6065)
    ・JPホールディングス(2749)
    ―ダイヤモンドザイ オンライン 藤井 英敏より

    人材関連、選挙製品関連の銘柄が注目

    <2168>パソナグループ
    人材派遣、委託・請負、人材紹介、再就職支援、アウトソーシング等、人材ビジネス領域を幅広く展開している。昨今政府が推進している「働き方改革」によって業務効率化も加速する見込み。また同社は選挙当日などに投票を終えた方に対してのアンケートを実施するなど独自で出口・世論調査を行っている。このことからも衆議院選挙関連銘柄として注目を集めている。

    <3695>GMOリサーチ
    インターネットの市場調査の業務受託や、プラットフォームを提供している。近年では海外展開にも注力しており、アジアにおけるパネルネットワークが強みでもある。それに応じて海外での売り上げが好調でパネル強化などの投資を実施する予定。当然、選挙前後のネット調査も毎回実施しており、衆議院選挙関連銘柄として注目度は高い。

    <4326>インテージホールディングス
    市場調査では国内最大手で、日本で唯一、消費、販売の両パネル調査網を持っている。ネット調査に特化しており、500万人越のモニター数を持っていることも強み。最近では気象予報協会と需要予測で連携を開始したことでも話題を集めた。さまざまなネット調査を行っており、当然、選挙前の市場調査も実施している。このことからも、衆議院選挙関連銘柄として期待されている。

    ―株師孔明の株ブログより

    上記の2つのメディアでは、子育て支援に関連した”幼児関連銘柄”と”選挙市場調査銘柄”が注目との見解です。

    個人的には、9468カドカワに注目しています。ニコニコ動画には政治家も出演することもありますし、これから年末まではイベントも多い時期なので、選挙が終わってからも値上がりが期待できるのではと思っています。といっても年末までですけどね!