投資家cisに要注目!BNFも認める?資産200億円ジェイコム男

    cisシス

    投資家cis はBNFと双璧のジェイコム男。資産200億円を築いたトレード哲学とは

    伝説の投資家を紹介するシリーズが久しぶりに復活!
    竹田和平氏、BNF氏(ジェイコム男)に続く第3弾をお送りします!

    ※第1弾、第2弾が知りたい方は下記からどうぞ。
    第1弾11/9掲載「日本一の投資家、竹田和平さんから学ぶ投資の心得」
    第2弾11/12掲載「伝説の投資家BNF(ジェイコム男)の2018年現在を追う」

    今回ご紹介するのは、あの「ジェイコム男」ことBNF氏とは別のジェイコム男。
    個人資産200億円ともいわれる伝説の投資家cis(シス)氏です!

    現在、cis氏が12月に出版した書籍「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」がアマゾン投資部門のベストセラーランキングで1位になっています。
    ベストセラー
    cis氏は私が思うに、BNF氏と並んで本物の凄腕個人投資家(トレーダー)です。

    この二人には非常に共通点が多く、かつてcis氏とBNF氏の夢の対談が雑誌上で実現したこともあります。

    「ヘッジは無駄」「不動産投資は罰ゲーム」「押し目買いは避ける」など…

    「cis語録」とも言える数々の投資哲学を披露しているcis氏。

    投資家cis氏は、2000年に元手104万円から始めて20年足らず資産200億円まで成り上がりました。

    そんな彼の投資哲学と人生に迫っていきたいと思います!

    伝説の投資家cis氏の200億円構築までの投資経歴とは

    はたして伝説の投資家にしてトレーダー、cis氏とはどんな人物なのでしょうか?
    簡単に彼の経歴をご紹介していきます。

    【cis氏(もう一人のジェイコム男)の略歴】

    2000年大学3年時、パチプロで作った104万円で株式投資(デイトレード)開始
    2001年:就職して稼いだ300万円を追加投資。資産800万円に増加。
    2003年「2ちゃんねる」で知り合ったBNF氏とオフ会で出会う。資産3000万円。(BNFは2億円)
    2004年:BNF氏と再会。この時資産3億まで増やしていたが、BNF氏は10億円突破。
    2005年「ジェイコム株大量誤発注事件」ジェイコム株をストップ安で3300株購入、10分後に売却して6億円近い利益を得る。(BNF氏は同事件で20億円の利益獲得)
    2010年資産額100億円突破
    2011年:「笑っていいとも!」出演
    2015年資産額200億円突破
    2018年資産額230億円突破

    cis(シス)氏はBNF氏との共通点が本当に多いですね。

    ・同年代
    ・2000年に株を始めていること
    ・基本的にデイトレ(最近は長期投資も)
    ・ジェイコム株で大儲け
    ・2ちゃんねらー
    ・資産額が増えてからは不動産投資も開始

    ざっと挙げてみるだけでもこれくらい二人の共通点はあります。

    お互いに面識もありますし、雑誌の対談もしているくらいですから、お互いに意識するところもあるのでしょうね。

    資産額もBNF氏に匹敵するほどにまで増殖しています。

    cis氏のデイトレ投資手法は順張り!独特の投資哲学には学ぶべきヒントがゴロゴロ

    cis氏が資産100億円を突破するのにかかった時間はわずか10年
    その後、わずか5年で倍の200億円まで増やしています。

    その投資手法とはいったいどんなものなのか…?
    投資家としては気になるところだと思います。

    cis氏のデイトレード手法は基本的にトレンドフォローの順張り投資です。

    要するに株価が上昇していっている銘柄を買い進めていく手法ですね。

    あまり細かいルールなどは持っていないようで、日足や出来高、VWAPなどの指標を見ながらこの銘柄は利益を出せそうだなと思ったら全力買いをするスタイルのようです。

    ポジションを持ったら、数秒~長くても48時間以内には利確・損切をするのが基本スタイルなのだそう。

    これには個人的に納得しました。
    逆張りというのは株価の反転のタイミングを正確に捉えるのが難しいです。

    先日の日経平均の暴落時もそうでしたが、基本的に売りが売りを呼ぶ展開になると、テクニカル分析が通用しなくなることが多いです。

    ですので、cis氏のようなデイトレーダーにとっては素直に順張りしていった方が利益を得やすいというのは個人的によくわかります。

    現在では売り板が厚くても、潤沢な投資資金があるので自分で売り板を消化して投資銘柄の値を上げていくことが多いようですね。

    自分で強烈に買い進めることで上昇トレンドを強くしていく。
    それを見た他の投資家が「あ、この銘柄まだまだ上がりそうだ」と思い買いに入る。

    cis氏はその後から入ってきた投資家たちに株を売却していくということなのでしょう。

    このやり方は潤沢な資金がないとなかなか行うことが難しいのですが、こういうやり方もあるという参考にはなりますね。

    また、「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」の中でも語られていますが、ナンピン買いやヘッジはせず、勝率を気にするのではなくトータルでの損益が大事との投資哲学を披露しています。

    これは彼が相場の中で買ったり負けたりを繰り返しながら叩き上げで磨いていった投資哲学だと思います。

    だからこそ、説得力がありますし、この考え方の中には負けないためのヒントが詰まっているのではないかと思います。

    ちなみに、cis氏はTwitterアカウントを持って色々と情報発信をしているので、気になるかたはフォロワーになってみると良いかもしれません。

    彼の投資哲学などがよりダイレクトにわかると思いますよ。

    【cis氏Twitter情報】
    https://twitter.com/cissan_9984

    これからも気になる投資家やトレーダーがいたら、ご紹介していきたいと思います。
    乞うご期待です!