2020年テンバガー候補になりそうな銘柄はこんな株?

    2020年テンバガー

    2020年、テンバガー株(10倍株)になる銘柄はあるのか?

    株式投資家であれば、誰もが一度は夢見るであろうテンバガー株への投資。
    2020年テンバガー投資できるよう、ヒントになる情報をお伝えしていきます!

    しかし、株を買った時点では残念ながら10倍以上になる保証はありません。

    しかし、過去には200倍以上になったそーせいグループの例などもあり、夢が広がりますね!

    2019年は私の知る限り、3銘柄がテンバガーを達成しました。

    REVOLUTION(旧原弘産)<8894>8円⇒84円【10.5倍】
    レアジョブ<6096>217.25円⇒3145円 ※今年2回、株式二分割実施。(分割前の水準で見ると869円⇒12580円)【14.47倍】
    ホープ<6195>900円⇒11400円【12.66倍】

    の3銘柄です。

    おそるべし…テンバガー!

    旧原弘産のREVOLUTIONなんて、株価8円だったのです。
    NISAの枠120万円をまるまる使っていれば、15万株買えました。
    それが1260万円に大化けし、おまけに売却益1140万円は非課税になった計算になります。(通常231万5910円を課税されます!)

    「たられば」を言っても仕方ありませんが、実に夢のある話だなと思います。

    こんな話を聞くと、来年こそは自分もテンバガー銘柄に投資したい、という気持ちが湧いてきたかもしれませんね。

    筆者はいつも湧いています(笑)

    ということで、年末年始も迫ってきたので、景気の良いテーマでお届けしていきたいと思います!

    2020年テンバガーをゲットするために、2019年テンバガー達成銘柄をおさらい

    2020年の干支は「ねずみ」。
    子年の相場格言は「繁栄」です。

    資産を繁栄させるためにも、ぜひテンバガー株に乗りたいものです!

    では、どんな銘柄がテンバガーになる可能性を秘めているのでしょうか?

    それを紐解くには、2019年にテンバガーになった銘柄をおさらいするのが一番かなと思います。

    上記した3銘柄の特徴を掴んでいきたいと思います。

    まずは安かった時の株価ですね。

    旧原弘産は8円。
    レアジョブは869円。※分割前水準
    ホープは900円。

    旧原弘産、現REVOLUTIONの8円というのは極端に安いですね。
    こういうボロ株というのは、なかなか株価が上がらないのですが、何か大きな材料が出たりすると、仕手化して一気に株価が吹き上げる時があります。

    正直投資資金のすべてをこうしたボロ株に投資するのは、かなりリスクが高いと思います。
    ですが、少しハイリスク・ハイリターンを狙ってみたいというのなら、総資金の5%ですとか、数%を割り当ててもいいかなと個人的には思います。

    やはり株価が1000円未満の銘柄でないと、そこから10倍に上げるのは難しいと思います。
    理論上は株価に上限はありませんが、一般的に考えて1000円が10000円になるより、100円が1000円になる方が可能性としては高いのかなという気がします。

    もう一つの特徴としては、国策や時流に乗っている銘柄だということです。

    レアジョブはオンライン英会話を展開する会社です。
    国民の英会話力を向上させるというのは、国策として国が力を入れているテーマの一つです。

    レアジョブはまさにそんな国策銘柄だといえますね。

    ホープは電力事業に乗り出して大きな成果を上げています。
    自然エネルギー、再生可能エネルギーによる発電なども国策といえるでしょう。

    これらを総合すると、国策や時流に乗っていて、株価が1000円未満の銘柄がテンバガー候補になりそうだということがわかります。

    2020年テンバガー候補になりそうな銘柄はあるのか?

    2020年にテンバガーになりそうな銘柄はあるのか?

    筆者は期待を込めて「ある」と言いたいです。

    今年テンバガーを達成した銘柄はマザーズ銘柄が2銘柄を占めていました。

    これは新興市場に投資資金が流入していることを意味します。
    ですので、おそらくはマザーズかJASDAQのどちらかに上場している銘柄、もしくはこれから上場する銘柄の中から、テンバガーが登場するのではないかとにらんでいます。

    テーマでいえば、5G、国土強靭化計画の2つに筆者は注目しています。

    来年はいよいよ5Gが本格化する一年です。

    そして、自然災害が多く、多くのインフラが痛んでしまっている昨今。
    迅速な修繕や建設が求められています。

    多くの資金がこの2つのテーマ株には入り込むことでしょう。

    その中から、1000円未満の銘柄を見つけること。

    もちろん、急成長していて、競争力のある製品やサービスを持っていることが前提条件になります。

    そんな銘柄があれば、テンバガー株をゲットすることに近づけるのではないかと考えています。

    大株主が創業者であることも望ましいですね。
    その方が責任をもって突っ走ってくれるので。

    年末年始、四季報などを見ながらゆっくりとテンバガー候補を探したいと思います。

    皆様がテンバガー銘柄に投資できることを願っています!

    なお、銘柄選びが苦手な人は、AI(人工知能)の力を借りてみるのもありだと思います。
    最近は性能も向上していますからね。

    話題株セレクトは、次にくるテーマ株を自動で探してくれるツールです。

    気になったらチェックしてみてください。


    株式ランキング